本文へスキップ
○スノードーム
スノードーム・ネット

               ↑↑↑       推奨サイト       ↑↑↑

スノードームスノーグローブは同意である。

スノーグローブ
Snow globe)とは、球形やドーム形の透明な容器の中を水で満たし、人形・建物などのミニチュア、
雪に見立てたもの等を入れ、動かすことで雪が降っている風景をつくる物である。

日本ではスノードームとも呼ばれ、土産品や玩具として売られている。容器はガラス製のものが多いが、自作してオリジナルの
スノーグローブを楽しむ人達もいる。販売時期としては、クリスマスシーズンに良く売れる。小型の物が主流だが、様々な大きさのものがある。

http://ja.wikipedia.org フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より引用

スノードームに必要なもの

・ドームキット
(ガラス球、木製台座、ゴムキャップ)
・スノーパウダー
・耐水性のある人形
・精製水(薬局で購入可)
・洗剤(一般的な食器洗い洗剤)
・瞬間接着剤(ジェルタイプ)

本時はガラス製の人形を用意(写真右)
※水を入れると人形は大きく見えます。
粉(スノーパウダー)
を入れた後の写真

本時はレインボー
パウダーとハート型
ゴールドパウダーを
使用しました。
中身を自作する場合は、耐水性のあ
る素材(ポリマークレイ、樹脂粘土等)
での制作をおすすめします。
※接着する前にガラス球の入り口から
  入る大きさであることを確認する。

人形をゴムキャップに接着します。
ジェルタイプの瞬間接着剤が好ましい。
人形はゴムキャップの中央に小さめに接着。
接着後は十分に乾かしてからガラス球にかぶせます。
乾燥が不十分だと、ガラスの内側が瞬間接着剤の成分のために白濁します。
人形を接着したゴムキャップをガラス球にはめ
こみます。ゴムキャップを完全にはめる事ができ
たら、一部を摘んで隙間をあけます。
ガラス球とゴムキャップの隙間から、スポイト状の
器具で水を流し込みます。

最後に一滴洗剤を入れます。
※粉をより水に馴染ませ、球内できれいに舞わせるため。

完全に水で満たせたら、ゴムキャップを元に戻しま
す。多少空気は入りますが、時間をかけて空気を
水を入れて追い出します。
ガラス球と木製の台座をグルーガンなどで接着し
ます。※接着は一週間以上ガラス球の中に異変
がない場合にのみ行うことをおすすめします。

水を入れた際に、中身の表面に細かい気泡が
付着する時がありますが、数日静かに放置する
と表面の気泡はなくなります。

完成後も取り扱いには十分注意して丁寧に扱っ
てください☆
参考サイト

スノードーム・ネット
http://www.snowdome.net/